「沖縄県若手医科学研究」で発表

6月1日(金)、那覇西クリニックまかびで開催された「沖縄県若手医科学研究 Presentation Symposium – From Okinawa to the World」にて、代表・野村が登壇しました。

県内の様々な分野の若手医療者がどのような未来を見据えているのか、熱く討論をしようという趣旨のシンポジウムで、代表・野村は「40で芽生えたドクトレプレナーシップ : Doctor 2.0 の機運」と題し、多様な職種とのネットワークにより、医療従事者がさらに広いフィールドで活躍するための新しいスタイルについて発表しました。

医療業界のみならず、様々な業界の方々が参加され、みんなで沖縄県の未来を考えるシンポジウム。より良い沖縄や日本を創るために、専門分野を超えて取り組みをおこなっている方々に刺激をいただきました。

2018年6月1日│お知らせ