代表挨拶/メンバー

代表挨拶

再生医療研究成果を社会に還元、元気に笑える社会に。

株式会社GRANCELL代表挨拶私たちGrancellは、琉球大学での再生医療研究から生まれました。
「再生医療を産業化して、もっとたくさんの人を幸せにしたい。」
私たちの使命は、再生医療研究成果の生み出すことができる幸せを、いち早く社会にお届けすることです。

研究とは、未来の可能性に対する挑戦。
ビジネスとは、生まれた価値を遠くまで届かせること。
私たちが大切にしていることは、これらの感覚を常に合わせ持つことです。社会のニーズを研究のシーズとしていち早くキャッチし、研究での新しい発見を社会の利益につなげること。
このポリシーのもと、Grancellは大学との共同研究に全力で取り組みます。

私たちが研究する再生医療は、病気という、「最大のトラブル」に対するあくなき挑戦です。
しかし、そこから創出する価値を、治療だけに限定することは、とてももったいないことです。病気が治ることも、健康な時に人生を笑って楽しめることも、ともにかけがえのない「Happy」だからです。
私たちは、化粧品、医薬品、再生医療等製品を始め、関連するシステム・サービスの開発などを通して、ひとりでも多くの人の「Happy」を目指して邁進します。

Grancellは、日本最南端の沖縄から、世界最先端のイノベーションを起こす会社でありたいと願います。

株式会社Grancell
代表取締役 CEO
野村 紘史

メンバー

代表取締役野村 紘史Nomura Hiroshi

  • 琉球大学医学部附属病院 非常勤講師
  • 新垣形成外科/中頭病院 医師(兼任)
野村紘史
Field 専門分野

東京大学医学部卒業後、形成外科・美容外科の研鑽を積む。
乳房再建を始めとする機能再建外科や、美容医療における脂肪組織由来幹細胞の有効性を研究するために、2013年よりボストンへ留学。現在も臨床に従事しながら、琉球大学での再生医療研究をおこなっている。

野村紘史
琉球大学大学院 医学研究科
形成外科学講座 教授
清水 雄介Shimizu Yusuke

  • 学術顧問
清水雄介
Field 専門分野

慶応大学医学部卒業後、形成外科・美容外科の研鑽を積む。琉球大学における各種再生医療プロジェクトで中心的役割を担い、2016年3月、国内で初めての「顔面陥凹性病変に対する脂肪組織由来幹細胞の培養移植」に成功。その後も各種の再生医療および研究に従事する。

清水雄介
琉球大学医学部先端医学研究センター
特命助教
角南 寛Sunami Hiroshi

  • 学術顧問
角南寛
Field 専門分野

再生医工学、表面科学、医用材料、高分子化学、生物物理学を専門分野とする。琉球大学の各種の再生医療プロジェクトに従事する培養のプロフェッショナルであり、幹細胞培養法開発のチーフとして、各種研究に取り組んでいる。

角南寛
琉球大学医学部 非常勤講師
表参道スキンクリニック/霞ヶ関アーバンクリニック(兼任)
友利 新Tomori Arata

  • 学術顧問
友利 新
Field 専門分野

東京女子医科大学卒業後、同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TVなどで展開中。美と健康に関する著書も多数。

友利 新