「第17回 日本再生医療学会」で発表

3月21日(水)〜3月23日(金)、パシフィコ横浜にて「第17回 日本再生医療学会」が開催され、代表の野村が、琉球大学での再生医療研究成果産業化の取り組み、すなわちGrancellのプロジェクトを発表しました。
演題名:「琉球大学における再生医療研究成果の産業化の取り組み」のこだわりは、「再生医療の産業化」ではなく、「再生医療研究成果の産業化」であることです。
再生医療の研究成果のゴールを、「医療」のみに限定するのではなく、再生医療の最新技術を社会に還元できるのであれば、スキンケア製品として誰もが手に取れるかたちで提供したい!そのような気持ちで、代表の野村は登壇しました。

学会から励ましの声を多くいただき、大変勇気づけられました。

2018年3月23日│お知らせ