「脂肪幹細胞ストック事業」をプレスリリース

琉球大学が主導し、Grancellも共同しておこなう「脂肪幹細胞ストック事業」という再生医療分野の新たなプロジェクトのプレスリリースが琉球大学においておこなわれました。

この事業は、脂肪組織由来幹細胞を琉球大学医学部附属病院などで採取・抽出し、品質・安全性評価や保管システムを構築。将来的には高品質で安全な幹細胞を供給できる体制を国内で初めて立ち上げるための、基盤事業です。

この事業において、Grancellは共同で安全性および品質評価を担当します。本事業では、琉球大学医学部が研究を主導し、国立成育医療研究センター、産業技術総合研究所などの学術機関および、セルソース株式会社、株式会社エムティーアイ、一般社団法人 トロピカルテクノプラス等が参画しています。

日本経済新聞 : 脂肪幹細胞を大量保存 琉球大、再生医療で新事業 医薬開発も視野

2017年8月24日│プレスリリース